ホーム » 投稿 » 28-36 先天性代謝異常症に関する記述である。

28-36 先天性代謝異常症に関する記述である。

スポンサーリンク


28-36 先天性代謝異常症に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 糖原病Ⅰ型では、グルコースが過剰に産生される。
(2) フェニルケトン尿症では、精神発達障害がみられる。
(3) メープルシロップ尿症は、芳香族アミノ酸の代謝異常症である。
(4) ガラクトース血症は、原発性高脂血症である。
(5) ウィルソン病は、亜鉛の代謝障害である。

解答・解説を見る

(1) 糖原病Ⅰ型では、グルコースの産生は減少する。

(2) フェニルケトン尿症では、精神発達障害がみられる。

(3) メープルシロップ尿症は、分岐鎖アミノ酸の代謝異常症である。

(4) 原発性高脂血症とは、原因がはっきりと分かっていないタイプの脂質異常症である。ガラクトース血症はガラクトースを代謝する酵素の欠乏によって生じる、先天性炭水化物代謝異常症。

(5) ウィルソン病は、銅の代謝障害である。

スポンサーリンク


関連記事