28-37 炎症性腸疾患に関する記述である。


スポンサーリンク


28-37 炎症性腸疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) クローン病は、50歳代に好発する。
(2) クローン病は、S状結腸に好発する。
(3) クローン病の活動期では、食物繊維の摂取を勧める。
(4) 潰瘍性大腸炎の患者数は、クローン病より少ない。
(5) 潰瘍性大腸炎は、大腸がんのリスク因子である。

解答・解説を見る

(1) クローン病は、10~20歳代に好発する。

(2) クローン病は、口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位に起こりうる(難病情報センター『クローン病』より)

(3) クローン病の活動期では、食物繊維の摂取を制限し、成分栄養剤を用いた経腸栄養法や、中心静脈栄養法を用いる。

(4) 潰瘍性大腸炎の患者数は、クローン病より多い。

(5) 潰瘍性大腸炎は、大腸がんのリスク因子である。


お問い合わせはこちら