28-97 離乳の進め方に関する記述である。

スポンサーリンク

28-97 離乳の進め方に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 哺乳反射による動きが活発になってきたら、離乳食を開始する。
(2) 離乳を開始して1か月を過ぎた頃から、離乳食は1日2回にしていく。
(3) 舌と上あごでの押しつぶしが可能になってきたら、歯ぐきでつぶせる固さのものを与える。
(4) 離乳の完了とは、乳汁を飲んでいない状態をさす。
(5) 咀しゃく機能は、離乳の完了より前に完成される。

解答・解説を見る

(1) 哺乳反射による動きが減弱してきたら、離乳食を開始する。

(2) 離乳を開始して1か月を過ぎた頃から、離乳食は1日2回にしていく。

(3) 舌と上あごでの押しつぶしが可能になってきたら、舌でつぶせる固さのものを与える。

(4) 離乳の完了とは、ミルク以外で栄養の大部分を摂れている状態をさす。

(5) 咀しゃく機能は、離乳の完了より後に完成される。(2~3歳ごろ)

前に戻る ホームに戻る お問い合わせはこちら

コメント