32-51 ペクチンに関する記述である。

スポンサーリンク

32-51 ペクチンに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)こんぶの主な多糖類である。
(2)主な構成糖は、グルクロン酸である。
(3)果実の成熟とともに不溶化する。
(4)低メトキシルペクチンは、カルシウムイオンの存在下でゲル化する。
(5)ペクチン分解酵素は、果汁の苦味除去に利用されている。

解答・解説を見る

(1)こんぶに含まれる多糖類は、フコイダンやセルロースである。

(2)主な構成糖は、ガラクツロン酸である。

(3)果実の成熟とともに可溶化する。

(4)低メトキシルペクチンは、カルシウムイオンの存在下でゲル化する。

(5)果汁の苦味除去に利用されているのは、ナリンギナーゼである。

 ペクチン分解酵素(ペクチナーゼ)は、果汁の清澄化に用いられる。

コメント