32-49 微生物利用食品に関する記述である。

スポンサーリンク

32-49 微生物利用食品に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)ビールは、単発酵酒である。
(2)焼酎乙類(本格焼酎)は、単式蒸留機を用いて蒸留する。
(3)純米吟醸酒は、精米歩合が70%以上である。
(4)ワインビネガーは、ワインを乳酸菌で発酵させる。
(5)本みりんのアルコール度数は、本直しより高い。

解答・解説を見る

(1)ビールは、単行複発酵酒である。

(2)焼酎乙類(本格焼酎)は、単式蒸留機を用いて蒸留する。

 焼酎(甲類)は、連続式蒸留器を用いて蒸留する。

(3)純米吟醸酒は、精米歩合が60%以下である。

(4)ワインビネガーは、果汁を酢酸菌で発酵させる。

(5)本みりんのアルコール度数は、本直しより低い。

 本直しは、本みりんに焼酎を加えたものであるため本みりんよりもアルコール度数が高くなる。

コメント