32-61食品表示法における表示に関する記述である。

スポンサーリンク

32-61食品表示法における表示に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1)非遺伝子組換え食品には、「遺伝子組換えでない」の表示が義務づけられている。
(2)賞味期限が3か月を超える場合は、年月の表示ができる。
(3)リボフラビンを着色料の目的で使用する場合は、表示が免除される。
(4)さばの加工食品には、アレルギー表示が義務づけられている。
(5)大豆油製造で抽出に使用されたヘキサンは、表示が免除される。

解答・解説を見る

★遺伝子組み換え表示の対象食品

 大豆、とうもろこし、ばれいしょ、なたね、綿実、アルファルファ、てん菜、パパイヤ


(1)非遺伝子組換え食品には、「遺伝子組換えでない」の表示は任意である。

(2)賞味期限が3か月を超える場合は、年月の表示ができる。

(3)リボフラビン(ビタミンB2)を着色料の目的で使用する場合、表示は免除されない。

(4)さばの加工食品には、アレルギー表示が任意である。

 アレルギー表示が義務付けられているものには、小麦、乳、卵、そば、落花生、えび、かにである。

(5)大豆油製造で抽出に使用されたヘキサンは、表示が免除される。

コメント