32-57 カンピロバクターとそれによる食中毒に関する記述である。

スポンサーリンク

32-57 カンピロバクターとそれによる食中毒に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)潜伏期間は、サルモネラ菌よりも短い。
(2)大気中で増殖する。
(3)耐熱性エンテロトキシンを産生する。
(4)芽胞を形成する。
(5)人畜共通感染症の原因菌である。

解答・解説を見る

(1)潜伏期間は、サルモネラ菌よりも長い。

 カンピロバクターの潜伏期間は、2~7日。サルモネラ菌の潜伏期間は、8~48時間である。

(2)ヒトや動物の腸管内で増殖する。

(3)耐熱性エンテロトキシンを産生するのは、黄色ブドウ球菌である。

(4)芽胞を形成しない。

 芽胞を形成する菌には、ウェルシュ菌やボツリヌス菌がある。

(5)人畜共通感染症の原因菌である。

コメント