32-113 高校の水泳部監督から、部員全員の体組成を毎年モニタリングしているが、体格がよくならないと相談され、部員の体作りを目的とする栄養教育に初めて取り組むことになった。

スポンサーリンク

32-113 高校の水泳部監督から、部員全員の体組成を毎年モニタリングしているが、体格がよくならないと相談され、部員の体作りを目的とする栄養教育に初めて取り組むことになった。栄養教育の評価デザインとして、実現可能性と精度から、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

1)平均体格の水泳部員1名をモデルケースとして栄養教育プログラムを実施し、教育前後の体組成を比較する。
2)水泳部員全員に栄養教育プログラムを実施し、教育前後の体組成を比較する。
3)水泳部員全員に栄養教育プログラムを実施し、教育前後の体組成の変化量を、前年同期間の部員全員の変化量と比較する。
4)水泳部員全員を、栄養教育を行うグループと行わないグループにランダムに分け、教育後にグループ間で体組成の変化量を比較する。

解答・解説を見る

それぞれの評価デザインを実行可能性と精度でみると、

1)平均体格の水泳部員1名をモデルケースとして栄養教育プログラムを実施し、教育前後の体組成を比較する。

 →実行可能性〇 精度×
 対象者が少ないため実施可能性は高いが、たった1名の栄養教育の結果でありかなり信頼性が低い。

2)水泳部員全員に栄養教育プログラムを実施し、教育前後の体組成を比較する。

→実行可能性〇 精度△
 教育前後の体組成を比較することにより、栄養教育の効果を評価することが可能であるが、対照群を設けている(3)よりは精度が劣る。

3)水泳部員全員に栄養教育プログラムを実施し、教育前後の体組成の変化量を、前年同期間の部員全員の変化量と比較する。

→実行可能性〇 精度〇
 前年同期間の部員全員の変化量と比較することで、栄養教育によって得られた効果を評価することができる。

4)水泳部員全員を、栄養教育を行うグループと行わないグループにランダムに分け、教育後にグループ間で体組成の変化量を比較する。

→実行可能性△ 精度〇
 このように対象者をランダムに振り分ける研究を、ランダム化比較試験といい、栄養教育を行う介入群となにもしない対照群でわけることによって栄養教育の評価を行う信頼度の高い研究方法である。
 やや手間がかかるため、実行可能性は低いと考えられる。

コメント