30-26 画像検査に関する記述である。


スポンサーリンク

30-26 画像検査に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)胸部レントゲン撮影検査では、X線の透過性が高い部分が白く写る。
(2)CT(コンピュータ断層撮影)検査では、放射線被爆はない。
(3)腹部CT(コンピュータ断層撮影)検査では、皮下脂肪と内臓脂肪の識別が可能である。
(4)MRI(磁気共鳴画像)検査は、X線を利用して画像を得る。
(5)腹部エコー検査は、妊娠中の女性には禁忌である。

解答・解説を見る

(1)胸部レントゲン撮影検査では、X線の透過性が低い部分が白く写る。

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b2%e3%83%b3
 ・透過性の高い部分…皮膚、脂肪、筋肉、肺
 ・透過性の低い部分…骨、炎症、腫瘍

(2)CT(コンピュータ断層撮影)検査では、放射線被爆をうける。

(3)腹部CT(コンピュータ断層撮影)検査では、皮下脂肪と内臓脂肪の識別が可能である。

(4)MRI(磁気共鳴画像)検査は、強力な磁場と超高周波ラジオ波を用いてきわめて詳細な画像を得る。

mri2

(5)腹部エコー検査は、妊娠中の女性にも可能である。

 

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント