29-51 いも類に関する記述である。


スポンサーリンク


29-51 いも類に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)キャッサバの主成分は、グルコマンナンである。
(2)じゃがいもの有害成分は、リナマリンである。
(3)さといもの粘性物質は、ガラクタンである。
(4)きくいもの主成分は、キトサンである。
(5)さつまいもの甘味成分は、ホモゲンチジン酸である。

解答・解説を見る

(1)キャッサバの主成分はデンプンである。

(2)ジャガイモの有害成分はソラニンとチャコニンである。
 リナマリンは、キャッサバ、ライマメ、アマといった植物の葉および根に含まれている青酸配糖体の一つである。*1

(3)さといもの粘性物質は、ガラクタンである。

(4)きくいもの主成分はイヌリンである。
 カニ、エビの甲羅や殻の主成分であるキチンから抽出される動物性食物繊維である。

(5)さつまいもの甘味成分は、βアミラーゼにより糖化されてできた麦芽糖である。
 ホモゲンチジン酸は、サトイモやヤツガシラなどに含まれるエグ味成分である。


*1 wilipedia – リナマリンより引用


お問い合わせはこちら



コメント