29-62 食品添加物に関する記述である。


スポンサーリンク


29-62 食品添加物に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)食品添加物は、健康増進法で定義されている。
(2)指定添加物は、消費者庁長官が指定する。
(3)既存添加物は、天然添加物として使用実績があったものである。
(4)天然香料は、指定添加物に含まれる。
(5)一般飲食物添加物は、既存添加物に含まれる。

解答・解説を見る

(1)食品添加物は食品衛生法で定められている。

(2)指定添加物は厚生労働省が指定する。
 <食品添加物の原則>
 食品衛生法第10条により、厚生労働省に指定された指定添加物を使用することができる。
 また、これ以外に、既存添加物、天然香料、一般食物添加物も使用できる。

(3)既存添加物は、天然添加物として使用実績があったものである。

(4)天然香料は指定添加物に含まれない。

(5)一般飲食物添加物は既存添加物には含まれない。

 


お問い合わせはこちら



コメント