30-9 がんに関する記述である。


スポンサーリンク

30-9 がんに関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1)肝がんの年間調整死亡率は、近年増えている。
(2)乳がん検診の受診率は、50%を超えている。
(3)加工肉摂取は、大腸がんのリスク因子である。
(4)地域がん登録は、がん死亡の全数把握を目的としている。
(5)都道府県は、がん対策推進計画を策定しなければならない。

解答・解説を見る

(1)肝がんの年間調整死亡率は、近年減少している。

(2)乳がん検診の受診率は、30~40%である。

(3)加工肉摂取は、大腸がんのリスク因子である。

(4)地域がん登録は、がん対策・がん予 防の立案・評価や、がん医療の向上を目的としている。

(5)都道府県は、がん対策推進計画を策定しなければならない
 がん対策推進計画とは?
 平成24年度から平成28年度までの5年間を対象として、がん対策の総合的かつ計画的な推進を図るため、がん対策の基本的方向について定めるとともに、都道府県がん対策推進計画の基本となるもの。


参考:厚生労働省「がん対策推進計画」http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/gan_keikaku.html

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント