29-72 食品の官能評価に関する記述である。


スポンサーリンク


72 食品の官能評価に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)嗜好性評価のために選ばれた集団を、パネルという。
(2)分析型の官能評価では、食べ物の嗜好性を調べる。
(3)3点比較法では、3種類の試料を用いる。
(4)評価尺度法では、試料間に相対的な順位をつける。
(5)SD (Semantic Differential)法では、特性を自由記述する。


<答え>
(1)○
(2)分析型の官能検査では、食べ物の特性を調べる。
(3)3点比較法では2種類の試料を用いる
(4)評価尺度法では資料館に相対的な順位を付ける
(5)SD法では試料の特性を描写するため、そう反する意味の形容詞の対によって評価する


お問い合わせはこちら



コメント