ホーム » 投稿 » 35-26 先天性代謝異常症に関する記述である。

35-26 先天性代謝異常症に関する記述である。

スポンサーリンク


35-26 先天性代謝異常症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 糖原病Ⅰ型では、高血糖性の昏睡を生じやすい。

⑵ フェニルケトン尿症では、チロシンが体内に蓄積する。

⑶ ホモシスチン尿症では、シスチンが体内に蓄積する。

⑷ メープルシロップ尿症では、分枝アミノ酸の摂取制限が行われる。

⑸ ガラクトース血症では、メチオニン除去ミルクが使用される。

解答・解説を見る
⑴ 糖原病Ⅰ型では、低血糖性の昏睡を生じやすい。

⑵ フェニルケトン尿症では、フェニルアラニンが体内に蓄積する。

フェニルケトン尿症ではフェニルアラニンが蓄積し、チロシンが欠乏する。

⑶ ホモシスチン尿症では、ホモシステインおよびメチオニンが体内に蓄積する。

ホモシスチン尿症ではホモシステインおよびメチオニンが蓄積し、シスチンが欠乏する。

⑷ メープルシロップ尿症では、分枝アミノ酸の摂取制限が行われる。

⑸ ガラクトース血症では、乳糖除去ミルクが使用される。

ガラクトース血症ではガラクトースが蓄積するため、そのもととなる乳糖を除去する。

 

スポンサーリンク


コメント