スポンサーリンク


35-20 酵素に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ アポ酵素は、単独で酵素活性をもつ。

⑵ 酵素たんぱく質のリン酸化は、酵素活性を調節する。

⑶ 律速酵素は、他の酵素の活性を調節する酵素である。

⑷ リパーゼは、脂肪酸を分解する。

⑸ プロテインホスファターゼは、グリコーゲンを分解する。

解答・解説を見る
⑴ アポ酵素は、単独で酵素活性をもたない

アポ酵素は不活性型であり、補酵素または補欠分子族と結合することでホロ酵素(活性型)となる。

⑵ 酵素たんぱく質のリン酸化は、酵素活性を調節する。

⑶ 律速酵素は、ある代謝経路において最も遅い反応を触媒する酵素である。

他の酵素の活性を調節するものには、阻害剤やアロステリック効果、酵素の修飾(リン酸化など)が関与する。

⑷ リパーゼは、トリグリセリドを分解する。

リパーゼはトリグリセリドをモノグリセリドと脂肪酸に分解する。

⑸ プロテインホスファターゼは、グリコーゲンを合成する。

プロテインホスファターゼの活性化を通して糖新生が抑制される。

スポンサーリンク


コメント