ホーム » 投稿 » 35-25 治療の種類に関する記述である。

35-25 治療の種類に関する記述である。

スポンサーリンク


35-25 治療の種類に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 胃がんに対する胃全摘は、根治療法である。

⑵ がん性仏痛に対するモルヒネ投与は、緩和療法である。

⑶ C 型肝炎に対する抗ウイルス療法は、原因療法である。

⑷ 急性胆嚢炎に対する胆嚢摘出は、保存療法である。

⑸ 発熱に対する解熱鎮痛薬の投与は、対症療法である。

解答・解説を見る

⑴ 胃がんに対する胃全摘は、根治療法である。

⑵ がん性仏痛に対するモルヒネ投与は、緩和療法である。

⑶ C 型肝炎に対する抗ウイルス療法は、原因療法である。

⑷ 急性胆嚢炎に対する胆嚢摘出は、手術療法である。

手術療法以外の治療法のことを「保存療法」と呼ぶ。

⑸ 発熱に対する解熱鎮痛薬の投与は、対症療法である。

スポンサーリンク


コメント

関連記事