ホーム » 投稿 » 35-39 血液疾患に関する記述である。

35-39 血液疾患に関する記述である。

スポンサーリンク


35-39 血液疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 血友病では、プロトロンビン時間(PT)が短縮する。

⑵ 再生不良性貧血では、骨髄が過形成を示す。

⑶ 悪性貧血では、内因子の作用が増強する。

⑷ 鉄欠乏性貧血では、総鉄結合能(TIBC)が低下する。

⑸ 播種性血管内凝固症候群(DIC)では、フィブリン分解産物(FDP)が増加する。

解答・解説を見る
⑴ 血友病では、プロトロンビン時間(PT)は短縮しない

血友病は内因系の血液凝固経路の異常のため、プロトロンビン時間は正常なままである。

⑵ 再生不良性貧血では、骨髄が低形成を示す。

造血幹細胞が減少するため、造血を行っている骨髄は低形成となる。

⑶ 悪性貧血では、内因子の作用が減退する。

悪性貧血は胃粘膜の萎縮によって内因子の分泌不全が生じることで起こる。

⑷ 鉄欠乏性貧血では、総鉄結合能(TIBC)が上昇する。

トランスフェリン増加により、総鉄結合能は上昇する。

⑸ 播種性血管内凝固症候群(DIC)では、フィブリン分解産物(FDP)が増加する。

血液凝固因子の消費が起こるため、フィブリン分解物は増加する。

スポンサーリンク


コメント