ホーム » 投稿 » 35-23 炎症と腫瘍に関する記述である。

35-23 炎症と腫瘍に関する記述である。

スポンサーリンク


35-23 炎症と腫瘍に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 急性炎症では、血管透過性は低下する。

⑵ 慢性炎症でみられる浸潤細胞は、主に好中球である。

⑶ 肉芽組織は、組織の修復過程で形成される。

⑷ 良性腫瘍は、悪性腫瘍と比べて細胞の分化度が低い。

⑸ 肉腫は、上皮性の悪性腫瘍である。

解答・解説を見る
⑴ 急性炎症では、血管透過性は上昇する。

急性炎症では血管透過性が亢進する。

⑵ 慢性炎症でみられる浸潤細胞は、主にリンパ球である。

炎症初期には好中球が集まるが、炎症が続くとリンパ球が働くようになる。

⑶ 肉芽組織は、組織の修復過程で形成される。

⑷ 良性腫瘍は、悪性腫瘍と比べて細胞の分化度が高い

分化度が高いほど正常の細胞に近く、低いほど悪性度が高くなる。

⑸ 肉腫は、非上皮性の悪性腫瘍である。

悪性腫瘍のうち癌腫が上皮性、肉腫が非上皮性である。

スポンサーリンク


コメント