ホーム » 投稿 » 35-27 消化管に関する記述である。

35-27 消化管に関する記述である。

スポンサーリンク


35-27 消化管に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 食道は、気管の腹側を通る。

⑵ 胃底部は、胃体部よりも幽門側にある。

⑶ 十二指腸には、腸間膜が付着する。

⑷ 回腸は、十二指腸と空腸の間にある。

⑸ S 状結腸は、下行結腸と直腸の間にある。

解答・解説を見る
⑴ 食道は、気管の背側を通る。

⑵ 胃底部は、胃体部よりも噴門側にある。

⑶ 十二指腸には、腸間膜が付着しない

空調と回腸は腸間膜によって後腹壁に繋がれているが、十二指腸は後腹壁に埋まっている。

⑷ 空腸は、十二指腸と回腸の間にある。

小腸は、十二指腸から始まり、腸間膜をもつところから空腸、回腸へとつづく。

⑸ S 状結腸は、下行結腸と直腸の間にある。

スポンサーリンク


コメント