ホーム » 投稿 » 35-21 アミノ酸・糖質・脂質の代謝に関する記述である。

35-21 アミノ酸・糖質・脂質の代謝に関する記述である。

スポンサーリンク


35-21 アミノ酸・糖質・脂質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ ドーパミンは、グルタミン酸から生成される。

⑵ バリンは、糖原性アミノ酸である。

⑶ ヒスタミンは、チロシンの脱炭酸反応によって生成される。

⑷ ペントースリン酸回路は、NADH を生成する。

⑸ コレステロールは、生体のエネルギー源になる。

解答・解説を見る
⑴ ドーパミンは、チロシンから生成される。

チロシンからは、アドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどのカテコールアミンが合成される。

⑵ バリンは、糖原性アミノ酸である。

⑶ ヒスタミンは、ヒスチジンの脱炭酸反応によって生成される。

ヒスタミンは、ヒスチジンがヒスチジンデカルボキシラーゼによって脱炭酸されて合成される。

⑷ ペントースリン酸回路は、NADPH を生成する。

ペントースリン酸回路は、リボース‐5-リン酸やNADPHを産生するのを特徴としている。

⑸ コレステロールは、生体のエネルギー源にならない

コレステロールはステロイドホルモンや胆汁酸、細胞膜などの合成に利用されるが、エネルギー源として用いられることはない。

関連記事

タンパク質の構造と消化吸収

スポンサーリンク


コメント