ホーム » 投稿 » 35-29 循環器系に関する記述である。

35-29 循環器系に関する記述である。

スポンサーリンク


35-29 循環器系に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 心臓血管中枢は、小脳にある。

⑵ 三尖弁は、左心房と左心室の間にある。

⑶ 洞房結節は、左心房にある。

⑷ 静脈の容量は、動脈の容量より大きい。

⑸ 心電図の QRS 波は、心房の興奮を示す。

解答・解説を見る
⑴ 心臓血管中枢は、間脳にある。

心臓は自律神経系に支配されており、中枢は間脳の視床下部にある。

⑵ 三尖弁は、右心房右心室の間にある。

⑶ 洞房結節は、右心房にある。

洞房結節は右心房上壁にある。

⑷ 静脈の容量は、動脈の容量より大きい。

⑸ 心電図の QRS 波は、心室の興奮を示す。

心電図のP波は、心房の興奮を反映している。

スポンサーリンク


コメント