ホーム » 投稿 » 35-37 妊娠、分娩および乳汁分泌に関する記述である。

35-37 妊娠、分娩および乳汁分泌に関する記述である。

スポンサーリンク


35-37 妊娠、分娩および乳汁分泌に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 妊娠 0 週 0 日は、受精卵が着床した日である。

⑵ ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)は、黄体を退縮させる。

⑶ インスリンは、母体から胎児へ移行する。

⑷ オキシトシンは、子宮筋を収縮させる。

⑸ プロラクチンは、射乳を起こす。

解答・解説を見る
⑴ 妊娠 0 週 0 日は、最終月経の開始日である。

⑵ ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)は、黄体の機能を促進させる。

ヒト絨毛性ゴナドトロピンの作用により、黄体は妊娠黄体となる。

⑶ インスリンは、母体から胎児へ移行しない

⑷ オキシトシンは、子宮筋を収縮させる。

⑸ オキシトシンは、射乳を起こす。

プロラクチンは乳汁の産生を促進する。

スポンサーリンク


コメント