ホーム » 投稿 » 35-36 運動器に関する記述である。最も適当なのはどれか。

35-36 運動器に関する記述である。最も適当なのはどれか。

スポンサーリンク


35-36 運動器に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 腰椎は、 6 個である。

⑵ 舌運動は、舌咽神経支配である。

⑶ 咬筋は、顔面神経支配である。

⑷ 筋が収縮する際は、筋小胞体からカリウムイオンが放出される。

⑸ 筋収縮のエネルギーは、ATP の分解による。

解答・解説を見る
⑴ 腰椎は、 5個である。

⑵ 舌運動は、舌下神経支配である。

⑶ 咬筋は、三叉神経支配である。

咬筋と側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋からなる咀嚼筋はいずれも三叉神経に支配されている。

⑷ 筋が収縮する際は、筋小胞体からカルシウムイオンが放出される。

筋小胞体からカルシウムイオンが筋細胞中に放出され、トロポニンに結合することで筋肉の収縮が起こる。

⑸ 筋収縮のエネルギーは、ATP の分解による。

 

関連問題

34-36 運動器系に関する記述である。

スポンサーリンク


コメント