ホーム » 投稿 » 35-18 アミノ酸とたんぱく質に関する記述である。

35-18 アミノ酸とたんぱく質に関する記述である。

スポンサーリンク


35-18 アミノ酸とたんぱく質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ ロイシンは、芳香族アミノ酸である。

⑵ γ─アミノ酪酸(GABA)は、神経伝達物質として働く。

⑶ α ヘリックスは、たんぱく質の一次構造である。

⑷ たんぱく質の二次構造は、ジスルフィド結合により形成される。

⑸ たんぱく質の四次構造は、 1 本のポリペプチド鎖により形成される。

解答・解説を見る
⑴ ロイシンは、分岐鎖アミノ酸である。

  • 分岐鎖アミノ酸(BCAA)にはバリン、ロイシン、イソロイシンがある。
  • 芳香族アミノ酸には、トリプトファン、フェニルアラニン、チロシンなどがある。


⑵ γ─アミノ酪酸(GABA)は、神経伝達物質として働く。

⑶  α ヘリックスは、たんぱく質の二次構造である。

たんぱく質の二次構造はα-ヘリックスとβ-シート構造がある。

⑷ たんぱく質の二次構造は、水素結合により形成される。

たんぱく質の二次構造は水素結合、三次構造は疎水結合やイオン結合、ジスルフィド結合によって形成される。

⑸ たんぱく質の四次構造は、 サブユニットにより形成される。

たんぱく質の四次構造は、ポリペプチド鎖(サブユニット)が2単位以上集まったものである。

スポンサーリンク


コメント