ホーム » 投稿 » 35-33 内分泌疾患の主な症候に関する記述である。

35-33 内分泌疾患の主な症候に関する記述である。

スポンサーリンク


35-33 内分泌疾患の主な症候に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ クッシング症候群では、テタニーがみられる。

⑵ 甲状腺機能亢進症では、低体温がみられる。

⑶ 褐色細胞腫では、低血糖がみられる。

⑷ アジソン病では、血中コルチゾールの低下がみられる。

⑸ 尿崩症では、高張尿がみられる。

解答・解説を見る
⑴ クッシング症候群では、中心性肥満や満月様顔貌、水牛様脂肪沈着などがみられる。

テタニーは、血中のCa2+濃度が一定以下になった際に起こるものである。

⑵ 甲状腺機能亢進症では、体温の上昇がみられる。

甲状腺機能亢進症では、代謝が亢進するために体温の上昇、脈拍更新、体重減少など様々な症状を引き起こす。

⑶ 褐色細胞腫では、高血糖がみられる。

褐色細胞腫でおこる高血圧、高血糖、代謝亢進、頭痛、発汗過多は、代表的な症状として5Hと呼ばれている。

⑷ アジソン病では、血中コルチゾールの低下がみられる。

アジソン病では副腎皮質の機能不全が見られ、コルチゾール不足によるものが主な病状となる。

⑸ 尿崩症では、低張尿がみられる。

尿崩症では低張尿、多尿がみられる。

スポンサーリンク


コメント

関連記事