ホーム » 投稿 » 35-42 感染症に関する記述である。

35-42 感染症に関する記述である。

スポンサーリンク


35-42 感染症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ ニューモシスチス肺炎は、ウイルス感染症である。

⑵ ツツガムシ病は、日和見感染症である。

⑶ 再興感染症は、同一患者に繰り返し発症する感染症である。

⑷ 不顕性感染は、原因となる病原体が不明の感染症である。

⑸ 垂直感染は、母体から児へ伝播する感染様式である。

解答・解説を見る
⑴ ニューモシスチス肺炎は、日和見感染症である。

ニューモシスチス肺炎は真菌による感染症であり、日和見感染にあたる。

⑵ ツツガムシ病は、細菌感染症である。

ツツガムシ病は、ツツガムシによって媒介された細菌に感染して発症する。

⑶ 再興感染症は、一度は収まったものの再び流行した感染症である。

デング熱や結核などがあげられる。

⑷ 不顕性感染は、病原体に感染していながら症状が現れていない状態である。

⑸ 垂直感染は、母体から児へ伝播する感染様式である。

スポンサーリンク


コメント

関連記事