ホーム » 投稿 » 35-40 免疫・生体防御に関する記述である。

35-40 免疫・生体防御に関する記述である。

スポンサーリンク


35-40 免疫・生体防御に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 唾液は、分泌型 IgA を含む。

⑵ B 細胞は、胸腺で成熟する。

⑶ T 細胞は、免疫グロブリンを産生する。

⑷ アナフィラキシーショックは、IgG が関与する。

⑸ ワクチン接種による免疫は、受動免疫である。

解答・解説を見る

 

⑴ 唾液は、分泌型 IgA を含む。

⑵ B 細胞は、骨髄で成熟する。

T細胞が胸腺で成熟する。

⑶ B細胞は、免疫グロブリンを産生する。

B細胞から分化した形質細胞によって産生される。

⑷ アナフィラキシーショックは、IgE が関与する。

IgEはアナフィラキシーやⅠ型アレルギーに関与している。

⑸ ワクチン接種による免疫は、能動免疫である。

 

スポンサーリンク


コメント