34-63 食品の容器・包装に関する記述である。


34-63 食品の容器・包装に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)ガラスは、プラスチックに比べて化学的安定性が低い。

(2)生分解プラスチックは、微生物によって分解されない。

(3)ラミネート包材は、単一の素材から作られる。

(4)無菌充填包装では、包装後の加熱殺菌は不要である。

(5)真空包装は、嫌気性微生物の生育を阻止する。

解答・解説を見る
(1)ガラスは、プラスチックに比べて化学的安定性が高い

(2)生分解プラスチックは、微生物によって分解される

従来のプラスチックは、微生物によって分解されないが、生分解プラスチックは微生物によって分解されるプラスチックである。

(3)ラミネート(=積層)包材は、複数の素材(PET,PA,PP,PEなど)から作られる。

PET:ポリエステルフィルム

PA:ポリアミド

PP:ポリプロピレン

PE:ポリエチレンフィルム

(4)無菌充填包装では、包装後の加熱殺菌は不要である。

(5)真空包装は、好気性微生物の生育を阻止する。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント