34-56 自然毒食中毒と、その原因となる毒素の組合せである。


34-56 自然毒食中毒と、その原因となる毒素の組合せである。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

(1)下痢性貝毒による食中毒―――――テトロドトキシン

(2)シガテラ毒による食中毒――――― リナマリン

(3)スイセンによる食中毒 ―――――イボテン酸

(4)イヌサフランによる食中毒――― ソラニン

(5)ツキヨタケによる食中毒 ――――イルジン S

解答・解説を見る
(1)下痢性貝毒による食中毒の毒素には、オカダ酸群、ペクテノトキシン群、エッソトキシン群の3群がある。¹

テトロドトキシンは、ふぐ毒による食中毒の毒素である。

(2)シガテラ毒による食中毒の毒素は、シガトキシンである、

(3)スイセンによる食中毒の毒素は、リコリンである。

(4)イヌサフランによる食中毒の毒素は、コルヒチンである。

(5)ツキヨタケによる食中毒 ―――――イルジン S

ツキヨタケに含まれる有毒成分には、イルジンS、イルジンM、ネオイルジンなどがあり、ツキヨタケを食べると食後30分程で嘔吐、腹痛などの消化器系の食中毒症状が現れる


参考

1 一般財団法人 東京顕微鏡院,下痢性貝毒について,https://www.kenko-kenbi.or.jp/science-center/foods/topics-foods/14424.html


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント