34-52 食品の三次機能により期待される作用に関する記述である。


34-52 食品の三次機能により期待される作用に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)食品の胃内滞留時間の短縮により、食後血糖値の上昇を緩やかにする。

(2)α-グルコシダーゼの阻害により、インスリンの分泌を促進する。

(3)アンジオテンシン変換酵素の阻害により、アレルギー症状を緩和する。

(4)カルシウムの可溶化により、カルシウムの体内への吸収を促進する。

(5)エストロゲン様作用により、う歯の発生を抑制する。

解答・解説を見る
(1)食品の胃内滞留時間の延長により、食後血糖値の上昇を緩やかにする。

(2)α-グルコシターゼを阻害することにより糖の分解や吸収を遅らせる働きをするが、これによってインスリンの分泌が増えることはない。

(3)アンギオテンシン変換酵素の阻害により降圧効果をもたらす。

(4)カルシウムの可溶化により、カルシウムの体内への吸収を促進する。

(5)エストロゲン様作用により更年期障害をやわらげたり、骨粗鬆症の改善や予防となる。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント