34-53 食品衛生法に関する記述である。


34-53 食品衛生法に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

(1)食品衛生とは、食品、医薬部外品、器具および容器包装を対象とする飲食に関する衛生をいう。

(2)天然香料とは、動植物から得られた物又はその混合物で、食品の着香の目的で使用される添加物をいう。

(3)農林水産大臣は、販売の用に供する食品の製造や保存の方法につき基準を定めることができる。

(4)乳製品の製造又は加工を行う営業者は、その施設ごとに食品衛生監視員を置かなければならない。

(5)食中毒患者を診断した医師は、直ちに最寄りの検疫所長にその旨を届け出なければならない。

解答・解説を見る
(1)食品衛生の範囲に、医薬部外品は含まない。

(2)天然香料とは、動植物から得られた物又はその混合物で、食品の着香の目的で使用される添加物をいう。

(3)販売の用に供する食品の製造や保存の方法は、食品衛生法で定められており、食品衛生法の所管官庁は厚生労働省と消費者庁である。

(4)乳製品の製造又は加工を行う営業者は、その施設ごとに食品衛生管理者を置かなければならない。

(5)食中毒患者を診断した医師は、直ちに最寄りの保健所長にその旨を届け出なければならない。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント