34-45 野菜類に関する記述である。


34-45 野菜類に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)だいこんの根部は、葉部よりも 100 g 当たりのビタミン C 量が多い。

(2)根深ねぎは、葉ねぎよりも 100 g 当たりの b カロテン量が多い。

(3)れんこんは、はすの肥大した塊根を食用としたものである。

(4)たけのこ水煮における白濁沈殿は、リシンの析出による。

(5)ホワイトアスパラガスは、遮光して栽培したものである。

解答・解説を見る
(1)だいこんの根部は、葉部よりも 100 g 当たりのビタミン C 量が少ない

だいこんの葉部の方が、根部より約5倍ビタミンC量が多い。

(2)根深ねぎは、葉ねぎよりも 100 g 当たりの b カロテン量が少ない

葉ねぎの方が、根深ねぎよりも b カロテン量が約10倍以上多い。

(3)れんこんはハスの地下茎が肥大したものである。

(4)たけのこ水煮における白濁沈殿は、チロシンの析出による。

(5)遮光することにより葉緑体が作られずに白くなる。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント