32-58 寄生虫に関する記述である。

スポンサーリンク

32-58 寄生虫に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)さば中のアニサキスは、食酢の作用で死滅する。
(2)回虫による寄生虫症は、化学肥料の普及で増加した。
(3)日本海裂頭条虫は、ますの生食によって感染する。
(4)サルコシステイスは、ほたるいかの生食によって感染する。
(5)横川吸虫は、さわがにの生食によって感染する。

解答・解説を見る

(1)さば中のアニサキスは、-20度で24時間以上の冷凍で死滅する。

 食酢や食塩ではアニサキスは死滅しない。

(2)回虫による寄生虫症は、化学肥料の普及で激減した。

(3)日本海裂頭条虫は、ますの生食によって感染する。

(4)サルコシステイスは、馬肉の生食によって感染する。

(5)横川吸虫は、淡水魚(アユやウグイ)の生食によって感染する。

 サワガニの生食は、肝吸虫感染の原因となる。

コメント