32-30 腎と尿路系の構造と機能に関する記述である。

スポンサーリンク

32-30 腎と尿路系の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)尿細管は、糸球体とボーマン嚢で構成される。
(2)原尿中のグルコースは、50%以上が尿中へ排泄される。
(3)ナトリウムの再吸収は、アルドステロンにより低下する。
(4)レニンの分泌は、循環血液量が低下すると亢進する。
(5)腎不全が進行すると、代謝性アルカローシスになる。

解答・解説を見る

(1)腎小体は、糸球体とボーマン嚢で構成される。

 腎臓には、腎小体が約100万個存在する。
 尿細管は、遠位尿細管と近位尿細管、ヘンレ係蹄に分けられる。

(2)健常者では、原尿中のグルコースはほとんど再吸収され尿中へは排泄されない。

(3)ナトリウムの再吸収は、アルドステロンにより促進する。

 アルドステロンは、腎臓に働きかけてナトリウムの排泄を抑制し、再吸収を促進する。また、カリウムはアルドステロンによって排泄が促進される。

(4)レニンの分泌は、循環血液量が低下すると亢進する。

 レニンは、腎臓の傍糸球体細胞から分泌されるホルモンである。

(5)腎不全が進行すると、代謝性アシドーシスになる。

コメント