32-43 免疫・アレルギー疾患に関する記述である。

スポンサーリンク

32-43 免疫・アレルギー疾患に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1)全身性エリテマトーデス(SLE)は、男性に多い。
(2)強皮症では、食道の蠕動運動は低下する。
(3)バセドウ病は、甲状腺刺激ホルモン(TSH)に対する抗体により発症する。
(4)シェーグレン症候群では、唾液の分泌が増加する。
(5)エイズ(AIDS)では、日和見感染が起こる。

解答・解説を見る

(1)全身性エリテマトーデス(SLE)は、女性に多い。

 全身性エリテマトーデス(SLE)は蝶形紅斑、日光過敏症、関節炎、全身倦怠感などの症状がみられる。

(2)強皮症では、食道の蠕動運動は低下する。

 食道の前頭運動の低下により嚥下障害がおこる。

(3)バセドウ病は、甲状腺刺激ホルモン受容体(TSHレセプター)に対する抗体が出現している。

(4)シェーグレン症候群では、唾液の分泌が低下する。

(5)エイズ(AIDS)では、日和見感染が起こる。

コメント