32-41 血液系疾患に関する記述である。

スポンサーリンク

32-41 血液系疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)血友病は、ビタミンK欠乏により起きる。
(2)特発性血小板減少性紫斑病(ITP)では、骨髄の低形成がみられる。
(3)鉄欠乏性貧血では、血清フェリチン値は低下する。
(4)溶血性貧血では、血清ハプトグロビン値は上昇する。
(5)再生不良性貧血は、葉酸欠乏により起きる。

解答・解説を見る

(1)血友病は、先天的な血液凝固因子ⅧやⅨ因子の障害により起きる。

 ビタミンKは、血液凝固因子の生成に関与しているが、血友病の発症には関与しない。

(2)再生不良性貧血では、骨髄の低形成がみられる。

(3)鉄欠乏性貧血では、血清フェリチン値は低下する。

 フェリチンは、鉄の貯蔵に関与する。

(4)溶血性貧血では、血清ハプトグロビン値は低下する。

(5)悪性貧血(巨赤芽球性貧血)は、ビタミンB12や葉酸欠乏により起きる。

コメント