32-37 運動器系に関する記述である。

スポンサーリンク

32-37 運動器系に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)エストロゲンは、骨吸収を促進する。
(2)骨粗鬆症では、骨密度が増加する。
(3)関節リウマチでは、多発関節炎が起こる。
(4)変形性関節症では、関節軟骨の肥大が起こる。
(5)サルコペニアでは、骨格筋量が増加している。

解答・解説を見る

(1)エストロゲンは、骨吸収を抑制し、骨形成を促進する。

 エストロゲンには、このような作用があるため、エストロゲンの分泌が低下する閉経後では骨粗鬆症のリスクが高まる。

(2)骨粗鬆症では、骨密度が低下する。

 骨密度は、二重X線吸収法(DXA法)により測定可能である。

(3)関節リウマチでは、多発関節炎が起こる。

(4)変形性関節症では、関節軟骨がすり減っている。(摩耗している。)

(5)サルコペニアでは、骨格筋量が減少している。

 加齢以外に明らかな原因が無いものを、一次性サルコペニアという。
 活動の低下や疾患、栄養不足などによって起こるものを、二次性サルコペニアという。

コメント