コンテンツへスキップ

32-35 神経系疾患に関する記述である。

    スポンサーリンク


    32-35 神経系疾患に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ

    (1)ウェルニッケ脳症は、ビタミンB12欠乏で起こる。
    (2)アルツハイマー病では、脳萎縮がみられる。
    (3)アルツハイマー病では、見当識は保たれる。
    (4)パーキンソン病では、片麻痺がみられる。
    (5)パーキンソン病では、錐体外路症状がみられる。

    解答・解説を見る

    (1)ウェルニッケ脳症は、ビタミンB1欠乏で起こる。

    (2)アルツハイマー病では、脳萎縮がみられる。

     特に海馬の委縮が特徴的である。

    (3)アルツハイマー病では、見当識障害がみられる。

    (4)片麻痺は、脳梗塞などによってみられる。

     パーキンソン病は、ドーパミンの産生が低下しており、脳の線条体の機能が低下している。また、振戦や四肢の固縮などが見られる。

    (5)パーキンソン病では、錐体外路症状がみられる。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事