32-22 個体の恒常性に関する記述である。

スポンサーリンク

32-22 個体の恒常性に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)細胞外液のpHは、7.0に維持されている。
(2)体液の浸透圧は、9%の食塩水の浸透圧に等しい。
(3)体温は、1日のうちで早朝に最も高い。
(4)メラトニンは、概日リズム(サーカディアンリズム)に関係する。
(5)消化管の運動は、交感神経の興奮で亢進する。

解答・解説を見る

(1)細胞外液のpHは、7.35~7.45に維持されている。

(2)体液の浸透圧は、0.9%の食塩水の浸透圧に等しい。

(3)体温は、1日のうちで早朝に最も低く、夕方にかけて徐々に上昇していく。

(4)メラトニンは、概日リズム(サーカディアンリズム)に関係する。

 メラトニンは、松果体から分泌される。

(5)消化管の運動は、交感神経の興奮で減弱し、副交感神経の興奮で亢進する。

コメント