32-18 細胞内での代謝とそれが行われる部位の組合せである。

スポンサーリンク

32-18 細胞内での代謝とそれが行われる部位の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)クエン酸回路 ———- 細胞質ゾル
(2)β酸化 —————— リボソーム
(3)たんぱく質合成 ——–プロテアソーム
(4)電子伝達系 ————-ミトコンドリア
(5)解糖 ——————–ゴルジ体

解答・解説を見る
(1)クエン酸回路 ———ミトコンドリア マトリックス

 解糖系で生じたピルビン酸は、アセチルCoAとなったのちクエン酸回路に合流する。アセチルCoAは、クエン酸回路でアセチル基が酸化をうけ2分子のCo2を生じる。

(2)β酸化 —————–ミトコンドリア

 β酸化は、脂質の代謝に関与する反応である。主に空腹時に脂肪酸を材料にしてアセチルCoAを産生する。ここで産生されたアセチルCoAは、主にケトン体産生に利用される。

(3)たんぱく質合成 ——-リボソーム

 プロテアソームは、タンパク質分解に関与する。

(4)電子伝達系 ————ミトコンドリア

(5)解糖 ——————-細胞質

解糖系は、細胞質で行われる反応で1分子のグルコースから2分子のピルビン酸、または乳酸が産生される。

前に戻る ホームに戻る お問い合わせはこちら

コメント