32-33 ホルモンと内分泌疾患に関する記述である。



スポンサーリンク

32-33 ホルモンと内分泌疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)バソプレシンは、水の再吸収を抑制する。
(2)成長ホルモンは、下垂体後葉から分泌される。
(3)バセドウ病では、徐脈がみられる。
(4)原発性アルドステロン症は、高カリウム血症を起こす。
(5)褐色細胞腫は、高血圧を起こす。

解答・解説を見る
(1)バソプレシンは、水の再吸収を促進する。

バソプレシンは、抗利尿ホルモンとも呼ばれるペプチドホルモンである。

(2)成長ホルモンは、下垂体前葉から分泌される。

 他にも、下垂体前葉から分泌されるホルモンとしてプロラクチン、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)、性腺刺激ホルモン(黄体形成ホルモン、卵胞刺激ホルモン)などがある。

 また、下垂体後葉から分泌されるホルモンには、バソプレシンの他にもオキシトシンがある。

(3)バセドウ病では、頻脈がみられる。

 徐脈がみられるのは、甲状腺機能の低下している橋本病及び甲状腺機能低下症などである。

(4)原発性アルドステロン症は、低カリウム血症を起こす。

 アルドステロンの過剰分泌によりカリウムの排泄が促進し、低カリウム血症を引き起こす。
 原発性アルドステロン症では、このほかにも高ナトリウム血症、テタニーなどがみられることがある。

(5)褐色細胞腫は、高血圧を起こす。

32-33 ホルモンと内分泌疾患に関する記述である。” への2件のフィードバック

  1. (1)、(2)は訂正されてますか?

  2. 訂正されていなかったため、先ほど訂正いたしました。
    ご指摘下さりありがとうございましたm(__)m

コメント