32-34 神経系に関する記述である。

スポンサーリンク

32-34 神経系に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)神経管の閉鎖には、葉酸が必要である。
(2)脳神経は、中枢神経系に属する。
(3)中脳は、橋と脊髄の間にある。
(4)体温調節中枢は、延髄にある。
(5)摂食中枢は、視床にある。

解答・解説を見る

(1)神経管の閉鎖には、葉酸が必要である。

  葉酸の摂取不足は、胎児の神経管閉鎖障害の原因となる。

(2)中枢神経系は、脳と脊髄からなる。

 神経系は、中枢神経系と末梢神経系にわけられる。さらに末梢神経系は、体性神経系と自律神経系に分けられる。
 脳神経は、末梢神経系の体性神経系に属する。体性神経系には、脳神経と脊髄神経がある。
 自律神経系は、交感神経と副交感神経に分けられる。

(3)橋と脊髄の間にあるのは、延髄である。

 中脳は、橋と大脳の間にある。

(4)体温調節中枢は、間脳の視床下部にある。

(5)摂食中枢は、視床下部外側野にある。

 また、満腹中枢は視床下部腹内測角にある。

コメント