コンテンツへスキップ

32-32 ホルモンの構造と作用機序に関する記述である。

    スポンサーリンク


    32-32 ホルモンの構造と作用機序に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)ドーパミンは、ペプチドホルモンである。
    (2)インスリンは、細胞膜を通過して件用する。
    (3)チロキシンは、細胞膜にある受容体に結合して作用する。
    (4)アドレナリンは、核内受容体に結合して作用する。
    (5)cAMP(サイクリックAMP)は、セカンドメッセンジャーである。

    解答・解説を見る

    (1)ペプチドホルモンには、インスリンやグルカゴン、成長ホルモン、オキシトシン、抗利尿ホルモンなどがある。

    (2)インスリンは、細胞膜を通過しない。

     インスリンの受容体は細胞膜にあるため、細胞膜を通過しない。

    (3)チロキシンは、核内受容体に結合して作用する。

     甲状腺ホルモンやステロイドホルモン、性ホルモンなどは核内受容体に結合して作用する。

    (4)アドレナリンは、細胞膜の受容体に結合して作用する。

    (5)cAMP(サイクリックAMP)は、セカンドメッセンジャーである。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事