32-21 糖質・脂質代謝に関する記述である。

スポンサーリンク

32-21 糖質・脂質代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)腎臓は、糖新生を行わない。
(2)筋肉は、糖新生を行う。
(3)インスリンは、肝細胞のグルコース輸送体(GLUT2)に作用する。
(4)ホルモン感受性リパーゼの活性は、インスリンによって抑制される。
(5)過剰なアルコール摂取により、血清トリグリセリド値は低下する。

解答・解説を見る

(1)腎臓は、糖新生を行う。

 糖新生は、主に肝臓で行われるが、一部腎臓と小腸でも行われる。

(2)筋肉は、糖新生を行わない。

 筋肉には、グルコース-6-ホスファターゼが存在しないため糖新生を行うことはできない。

(3)インスリンは、骨格筋に存在するのグルコース輸送体(GLUT4)に作用する。

(4)ホルモン感受性リパーゼの活性は、インスリンによって抑制される。

 インスリンによって促進されるのは、リポタンパク質リパーゼである。

(5)過剰なアルコール摂取により、血清トリグリセリド値は上昇する。

32-21 糖質・脂質代謝に関する記述である。” への2件のフィードバック

  1. 33回受験予定の者 より:

    はじめまして33回受験予定の者です。いつもNスタディ様のサイトにお世話になっております。
    32-21 糖質・脂質代謝に関する記述である。
    の解説(4)にて、抑制と促進の位置が逆だと思うのですが…確認お願いします。

    1. はじめまして。いつもご利用ありがとうございます。

      ご指摘いただいたとおりですので、すぐに訂正させていただきます。

      混乱させてしまうような内容で、ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ありません。

      ご指摘下さり有難う御座いました。m(__)m

      33回試験で無事合格されることを願っております。

コメント