32-19 脂質に関する記述である。

スポンサーリンク

32-19 脂質に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)ドコサヘキサエン酸は、中鎖脂肪酸である。
(2)アラキドン酸は、n-3系脂肪酸である。
(3)ジアシルグリセロールは、複合脂質である。
(4)胆汁酸は、ステロイドである。
(5)スフィンゴリン脂質は、グリセロールを含む。

解答・解説を見る

(1)ドコサヘキサエン酸( C22H32O2)は、長鎖脂肪酸ある。

 脂肪酸は、短鎖脂肪酸(炭素数6以下)、中鎖脂肪酸(炭素数8~10個)、長鎖脂肪酸(炭素数12以上)に分けられるが、

(2)アラキドン酸は、n-6系脂肪酸である。

 n-3系脂肪酸:ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸、リノレン酸
 n-6系脂肪酸:リノール酸、アラキドン酸

(3)ジアシルグリセロールは、単純脂質である。

 脂質には、単純脂質、複合脂質(リン脂質、糖脂質、リポタンパク質)、誘導脂質がある。

(4)胆汁酸は、ステロイドである。

(5)グリセロリン脂質は、グリセロールを含む。

前に戻る ホームに戻る お問い合わせはこちら

コメント