32-44 感染症とその病原体の組合せである。

スポンサーリンク

32-44 感染症とその病原体の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)淋病 ———– マイコプラズマ
(2)梅毒 ———– 真菌
(3)麻疹 ———– 細菌
(4)水痘 ———– ウイルス
(5)手足口病 —– リケッチア

解答・解説を見る

(1)淋病 ———– 細菌(淋菌)

 淋病は、淋菌への感染によって起こる性感染症である。主な症状として、尿道の炎症・痛みがあるが女性の場合は無症状のこともある。

(2)梅毒 ———– 細菌(梅毒トレポネーマ )

 梅毒は、梅毒トレポネーマの感染によって起こる感染症である。感染経路の一つとして、性交渉があり性感染症の一つでもある。予防には、不特定多数との性交渉を避けることやコンドームの使用などがあげられる。ただ、口から口への感染もありうるためコンドーム着用により100%予防できるものではない。

(3)麻疹 ———– ウイルス(麻疹ウイルス)

 麻疹は、麻疹ウイルスの感染により起こる。空気感染、飛沫感染、接触感染など様々な感染経路により感染し、さらに強い感染力を持つ。

(4)水痘 ———– ウイルス

 水痘は、水痘帯状疱疹ウイルスの感染によって起こる。一般には「水疱瘡(みずぼうそう)」ともいわれている。

(5)手足口病 —– ウイルス(コクサッキーウイルスやエンテロウイルス)

コメント