32-25 肥満と代謝疾患に関する記述である。

スポンサーリンク

32-25 肥満と代謝疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)肥満者は、インスリン感受性が高い。
(2)肥満者は、レプチンの分泌が低下している。
(3)二次性肥満は、原発性肥満より多い。
(4)クッシング症候群は、中心性肥満を起こす。
(5)メタボリックシンドロームの診断基準項目に、BMIが含まれる。

解答・解説を見る

(1)肥満者は、インスリン抵抗性が高く、インスリン感受性が低い

(2)肥満者は、レプチンの分泌が増加している。

 レプチンは、摂食抑制とエネルギー消費の亢進に働く。肥満者ではレプチンの分泌が増加しているが、レプチン抵抗性によりレプチンが効きにくくなっている。

(3)二次性肥満は、原発性肥満より少ない。

 原発性肥満は、二次性肥満より多い。単純性肥満には、元となる疾患は無いが、二次性肥満は何らかの疾患が原因となる肥満である。

(4)クッシング症候群は、中心性肥満を起こす。

 クッシング症候群では、コルチゾールの過剰分泌により中心性肥満や満月様顔貌、高血圧、高血糖などの症状がみられる。

(5)メタボリックシンドロームの診断基準項目に、ウエスト周囲径、血圧、血糖値、血中脂質が含まれる。

コメント