32-27 腸疾患に関する記述である。

スポンサーリンク

32-27 腸疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)潰瘍性大腸炎では、大腸がんのリスクが高まる。
(2)クローン病では、肛門病変はみられない。
(3)過敏性腸症候群では、粘血便がみられる。
(4)たんぱく漏出性胃腸症では、高アルブミン血症がみられる。
(5)麻痺性イレウスでは、腸管蠕動運動の亢進がみられる。

解答・解説を見る

コメント