32-42 免疫と生体防御に関する記述である。

スポンサーリンク

32-42 免疫と生体防御に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)好中球は、自然免疫を担っている。
(2)ナチュラルキラー(NK)細胞は、特異的防御機構を担っている。
(3)Bリンパ球は、胸腺で成熟する。
(4)Tリンパ球は、免疫グロブリンを産生する。
(5)免疫グロブリンは、細胞性免疫を担っている。

解答・解説を見る

(1)好中球やマクロファージは、自然免疫を担っている。

 好中球やマクロファージは、貪食能をもつ。

(2)ナチュラルキラー(NK)細胞は、非特異的防御機構を担っている。

 特異的防御機構には、T細胞やB細胞が関与する。B細胞は、抗体を産生し液性免疫を行う。

(3)Bリンパ球は、骨髄で成熟する。Tリンパ球は、胸腺で成熟する。

(4)Bリンパ球(B細胞)は、免疫グロブリンを産生する。

(5)免疫グロブリンは、液性免疫を担っている。

コメント