ホーム » 投稿 » 35-34 迷走神経に関する記述である。

35-34 迷走神経に関する記述である。

スポンサーリンク


35-34 迷走神経に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 脊髄神経である。

⑵ 副交感神経線維を含む。

⑶ 興奮により、胃酸分泌が抑制される。

⑷ 興奮により、心拍数が増加する。

⑸ 興奮により、胆嚢が弛緩する。

解答・解説を見る
⑴ 脳神経である。

迷走神経は第Ⅹ脳神経であり、延髄から始まっている。

⑵ 副交感神経線維を含む。

迷走神経の大部分は副交感性の繊維からなる。

⑶ 興奮により、胃酸分泌が促進される。

副交感神経様の働きにより胃酸の分泌は促進される。

⑷ 迷走神経の過剰な興奮は、心拍数低下を引き起こす。

⑸ 迷走神経の興奮により、胆嚢が収縮する。

交感神経様の働きにより胆嚢は収縮し、胆汁を放出する。

スポンサーリンク


コメント

関連記事